ようこそ神戸教会のホームページへ

日本ホーリネス教団神戸教会(通称:神戸ホーリネス教会)は、神戸市灘区にあるプロテスタントのキリスト教会です。

 

令和6年能登半島地震において被災された方々、関係者の方々へ、心よりお見舞い申し上げます。お預かりした災害支援の指定献金(2回目)は、能登ヘルプに送金させて頂きました。

【2024年行事】

*6月16日(日)10時30分より 父の日礼拝

 (どなたでもどうぞ。)



2024年 テーマ聖句

再び根を下ろし、上に実をつける。

     (列王記下 19章30節)

あなたが信じたとおりになるように。

     (マタイによる福音書 8章13節)

『聖書 聖書協会共同訳』© 日本聖書協会、Japan Bible Society , Tokyo 2018



【今週の御言葉】2024年7月14日

 エルバアル、すなわちギデオンと、彼の率いる全軍は朝早く起きて、エン・ハロドのそばに陣を敷いた。一方、ミデヤン人の陣営はその北側、モレの丘に沿った谷にあった。

 主はギデオンに言われた。「あなたと共にいる兵の数は多すぎるから、私はミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが『自分の手で自分を救ったのだ』と言って、私に対して驕り高ぶるようになってはいけない。

 そこで今、兵士たちに呼びかけて言いなさい。『恐れおののく者は皆帰るがよい。ギルアドの山から立ち去るがよい。』」すると、兵の中から二万二千人が帰って行き、一万人が残った。

 主はギデオンに言われた。「兵の数はまだ多い。彼らを水辺へと下らせなさい。私はそこで、あなたのために彼らをえり分けることにしよう。私があなたに『この者を共に行かせよ』と告げた者は、あなたと共に行く。私があなたに『この者は共に行かせてはならない』と告げた者は、誰も行ってはならない。」

 ギデオンは民を水辺へと下らせた。主はギデオンに言われた。「犬のように舌で水をなめる者と、膝をついてかがんで水を飲む者とを、すべて別にしなさい。」

 手を口に当てて水をなめた者の数は三百人であった。残りの兵は皆、膝をついてかがんで水を飲んだ。

 主はギデオンに言われた。「手で水をなめたこの三百人をもって、私はあなたがたを救い、ミデヤン人をあなたの手に渡そう。残りの兵は皆、それぞれ自分の家に帰しなさい。」

 ギデオンはイスラエルの兵士全員の手から食料と角笛を受け取った。そして三百人をとどめ置き、残りはそれぞれの天幕に帰らせた。ミデヤン人の陣営は下に広がる谷にあった。

士師記 7章1~8節

 

 真夜中の見張りが始まる頃、ギデオンと彼の率いる百人が敵陣の端までやって来ると、ちょうど見張りが交代したところであった。彼らは角笛を吹き鳴らし、手にしていた水がめを打ち砕いた。

 三つの隊は角笛を吹き鳴らし、水がめを砕き、左手に松明を、右手には吹き鳴らす角笛を握りしめ、「主のため、ギデオンのための剣」と叫び、

 各自持ち場を守り、敵陣を包囲したので、敵陣の者は皆走り出し、叫び声を上げて逃げ場を求めた。

 三百人が角笛を吹き鳴らすと、主は敵陣の至るところで同士討ちとなるよう仕向けられた。敵軍はツェレラのベト・シタまで、またタバトの近くのアベル・メホラの境まで逃走した。

士師記 7章19~22節


『聖書 聖書協会共同訳』             

  © 日本聖書協会、Japan Bible Society , Tokyo 2018


教会地図

神戸市灘区神ノ木通2丁目2−9 TEL:078-871-4910


*キリスト教系「カルト2世」の方々には、心よりお見舞い申し上げます。キリスト教系カルト、異端でお困りの方は、ご相談ください(他のキリスト教の教派も含めた教会同士のネットワークで、専門の人をご紹介いたします)。